雑学

イギリスは正式名称ではない?「UK」「GB」「England」の違いは何か

イギリスという名前は,実は正式名称ではありません
「英国」「UK」「GB」「England」,様々な呼び方がありますが,その違いは何でしょうか?

今回は,イギリスについて簡単に説明をしていこうと思います。

イギリスの正式名称

イギリスの正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」です。
英語だと「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」というので,その頭文字である「UK」と呼びます。

グレートブリテン及び北アイルランド“”連合“”王国という名の通り,イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランドの4つの地域から構成されています。

この4つの国には,それぞれ自治権がありますが,首都が違います。

イギリスへの地図

イギリスという言葉を使っているのは日本だけなので,世界では意味が通じないことに注意しましょう。

イギリスの首都・公用語

イギリスの首都はロンドンのイメージですが,イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランドのそれぞれに首都があり,公用語があります。

カントリー 首都 公用語(イギリス英語)
イングランド ロンドン (コーンウォール語)
ウェールズ カーディフ ウェールズ語
スコットランド エディンバラ スコットランド語
北アイルランド ベルファスト アイルランド語

ロンドンはイギリスの首都ではなく,イングランドの首都なのですね。
なお,イギリスの人口約6,600万人のうち80%以上がイングランドの人口であるため,ロンドンが首都であるイメージも分かる気がします。

公用語はイギリス英語なのですが,コーンウォール語,ウェールズ語,スコットランド語,アイルランド語も使われているという感じです。

イギリス人の呼び方

イギリス人をEnglishというと,イングランド人のことを言っているような感じがしてしまいます。
なので,イギリス人を英語で呼ぶときはBritishと呼ぶと良いでしょう。

イングランド人をEnglish,スコットランド人をScottish,ウェールズ人をWelsh,北アイルランド人をNorthern Irishと呼ぶと気が利きていてなお良いです。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。