雑学

大地震・大成功 「だい」と「おお」の読み方の違い

大地震の読み方は「だいじしん」と「おおじしん」のどちらだと思いますか?
大舞台の読み方は「だいぶたい」と「おおぶたい」のどちらだと思いますか?

大成功,大当たり,大雨,大学生,大ヒット…
「だい」と「おお」の読み方の違いにはどのようなルールがあるのでしょうか?
今回は,「だい」と「おお」の読み方の違いとルールについて解説していきます。

大地震の読み方

結論からいうと,読み方は「だいじしん」と「おおじしん」のどちらでも良いですが,「おおじしん」が慣用的な読み方です。

大地震は「おおじしん」と慣用的に読みますが,「だいじしん」と読んでも良いとされています。
実際に辞書を引いてみると,「だいじしん」と「おおじしん」のどちらも見つけることができます。辞書によっては「おおじしん」しかない場合もあります。

ちなみに,日本地震学会のFAQでは
『地震学上では,「だいじしん」というのは,地震の規模(マグニチュード:M)に対する階級を示しており,M7以上の地震を指します。』
と書いてある通り,大地震の慣用的な読み方は「おおじしん」ですが,M7以上の地震を表す言葉として「だいじしん」と読むこともある,としています。

慣用的な読み方は「おおじしん」ですが,「おおじしん」「だいじしん」のどちらで読んでも大丈夫です。
しかし,M7以上の地震のことは,地震学上では「だいじしん」と言うということですね。

大舞台の読み方

大舞台を辞書で引くと分かりますが,多くの辞書で「おおぶたい」としか出てきません。

「おおぶたい」はもともと歌舞伎の言葉であり,俳優の堂々とした演技のことをいいます。
従って,本当は大舞台を「おおぶたい」と読むのが正しいのですが,「だいぶたい」と読む人が多いため,「だいぶたい」と読んでもいいとされています。

しかし,歌舞伎などの古典芸能の場合では「おおぶたい」と読むのが正しいです。

古典芸能の場合は「おおぶたい」,それ以外の場合は「おおぶたい」「だいぶたい」のどちらでも大丈夫ということですね。

「だい」「おお」の違いとルール

一般的に,漢語(音読みをする言葉)や外来語が続く場合は「だい」
和語(訓読みする言葉)が続く場合は「おお」
と読むとされています。

家は「カ」が音読みで,「いえ」「や」が訓読みなので
大家族のように音読みをする場合は「だい」を使い,大家さんのように訓読みをする場合は「おお」を使います。

また,大ヒット,大スター,大ホールなど,外来語が後に続く場合は「だい」を使います。

そう考えると
地は「ジ」「チ」が音読みで,「つち」が訓読みであるため,地震のように音読みをする場合,大地震は「だいじしん」と読むのが正しい気がしてしまうのですが,大地震は例外であり,慣用的に「おおじしん」と読んでいます。
同様に,大火事も火を音読みをしますが「おおかじ」と読みます。

舞は,「ブ」「厶」が音読み,「まう」「ま」なので,大舞台の舞は音読みであり,ルールに従えば「だいぶたい」なのですが,「おおぶたい」が歌舞伎での読み方になっています。

こういうところが,大地震と大舞台の読み方に悩む原因であると思われます。

まとめ

大地震は慣用的には「おおじしん」と読みますが,「だいじしん」と読んでも良いことになっています。
ただ,M7以上の地震の場合,地震学上「だいじしん」と読みます。

大舞台は歌舞伎からきた言葉であり「おおぶたい」と読むのが正しいですが,「だいぶたい」と読む人が多いため,どちらで読んでも大丈夫です。
しかし,歌舞伎などの古典芸能に関係する場合は「おおぶたい」と読みます。

「だい」と「おお」の違いは,次の漢字が音読みか訓読みによる違いです。
次の漢字を音読みする場合は「だい」,訓読みする場合は「おお」を使います。
しかし,地震や火事は音読みするにも関わらず「おお」を使うことが慣用的な読み方です。

また,大ヒットのように外来語が続く場合は「だい」を使います。

 

以上が「だい」と「おお」の読み方の違いとルールでした。

今回もご愛読いただき,ありがとうございました。

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。