高校物理

波の回折とは

この記事で学べる内容

回折とは

ホイヘンスの原理を用いることで,波の回折を理解することができます。
波の回折は波の特徴的な現象であるため,回折を学び,波について理解を深めましょう。

それでは,波の回折についてわかりやすく簡単に解説していきます。

回折とは

回折

波が障害物の背後に回り込む現象

回折とは,波が障害物の背後に回り込む現象です。

回折とは

ホイヘンスの原理より,平面波も無数の素元波からできていると考えるため,平面波が小さいすき間を通り抜けると球面波となり,障害物の後ろにも波が届きます。

波の回折とは

波長がすき間より小さいと,回折が見られなくなっていきます。
つまり,波長が大きければよく回折し,波長が小さいほど回折しなくなるのです。

ラの音の波長は約0.77m,5GHzのWi-Fiの電波の波長が約6.0×10-3m,赤色の光の波長が約7.0×10-7mです。
音やWi-Fiはちょっとした隙間があれば届きますが,光は波長が小さいのでよく直進するということですね。

まとめ

回折とは,波が障害物の背後に回り込む現象であり,波長が大きいと回折しやすく,小さいと回折しにくいです。

回折は波の特徴的な現象であることを覚えておきましょう。

 

次の内容はこちら

一覧に戻る

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。