コロナになった話

かいしー先生の雑記
  • URLをコピーしました!

「まさか自分がコロナ陽性になるなんて…」

と思った人は、世界中に何千万人もいるのでしょうね…。

今回は、自分がコロナに感染したときの様子を忘れないうちに書き起こしておこうと思います。

いやホント、まさか自分がコロナを患うとは…。しかも、症状は重いし…。

誕生日に発熱

2022年8月24日、この日は私の誕生日でした。

そうです、誕生日に発熱してしまったんです…。嘘でしょって感じですよホント。

誕生日なのに特に予定もなかったため昼寝をして目覚めた16時頃、顔が熱かったため熱を測ったところ37.6℃でした。

しかし、同時に全身に寒気がしたので、「これ、もっと熱が上がるやつだ…。」と直感的に理解しました。

コロナ初日

2022年8月24日16時頃

全身に寒気を感じる→熱が使われてるので熱は上がる (所謂、悪寒戦慄)

汗をたくさんかく→熱が外に逃げてるので熱は下がる

寒くないのに寒気を感じるのは発熱の初期症状なので、「熱が上がったら動けなくなる!今のうちに動かなきゃ!!」という思いから、検査をしようとすぐ行動しました。

検査へ

まず、東京都福祉保健局にアクセスし、抗原検査キットの送付を申し込みましたが、申し込んだのが午後だったのもあり届くのは2日後…!

(事前に抗原検査キットを用意しておけば良かった)

今すぐPCR検査ができる場所を探したところ、なんと18時半に検査できることになりました。検査体制が凄い。

「コロナの検査=PCR検査」というイメージでしたが、「まずは抗原検査を行い、陰性の場合はPCR検査も行う」とのこと。

抗原検査の陽性は信用率が高いらしい。

検査待ちの間に抗原検査について調べたところ、抗原検査を行うタイミングは発症2日後以降が良いとのこと。

案の定、抗原検査の結果が陰性であったため、PCR検査を行うことに。

PCR検査の結果は24時間以内に結果をメールで送るとのことなので、その日はスーパーで大量に買い物をして帰ることになりました。

ちなみに、発熱の症状があったため公費検査を受けることができました。ありがとう公費。

夜の発熱

帰宅したのが7時半、熱はなんと39.6℃まで上昇していました。

この時点では熱以外の症状は特に出ていませんでしたが、真っすぐ歩けないくらい意識が朦朧としていたため、さすがに寝ることに。

夜の発熱

2022年8月24日19時半頃

幸いなことに、解熱鎮痛薬のカロナール(アセトアミノフェン)を常備していたため、熱が下がるまで毎日カロナールを飲んでました。

まじで無理だった

発熱1日目

翌日目が覚めたのは12時過ぎ、熱は39.0℃でした。解熱剤飲んで12時間以上寝たのに…絶望。

「発熱2日目じゃないの?」と思うかもしれませんが、熱の出た日を発熱0日目としてカウントするらしく、この日は発熱1日目。なにそれ。

PCR検査の結果が24時間以内に出るとのことで、寝ながらずっと待ってましたが、24時間経っても連絡来ず。マジでなんなの。

こちらから「24時間経ったのに結果が来ないんですけど…」と電話をしたところ、「今すぐメールします」と言われ、数分後に連絡が来ました。PCR陽性。

逆にコロナで安心した。コロナじゃない方が不安だわ。

検査の結果、新型コロナウイルスに感染している可能性がございます。

問診票とオンライン診察の内容を元に保健所へ届けを提出いたします。
保健所から数日以内にご連絡があるので、お待ちください。

メールには上記の内容があったため、「保健所から連絡が来るのか、それまで待つか」と思い、各所に「コロナ陽性だったよ」と報告。

おばあちゃんに送った誕生日おめでとうLINEは既読スルーされたのに、コロナ陽性になったよLINEはすぐに返信来ました。

この日の夜はスプラトゥーン3前夜祭のチュートリアルをしてから睡眠。

今考えるとマジで馬鹿。高熱なのにゲームをするな。

発熱2日目・3日目

熱は38.5℃前後で安定。

え?コロナって症状軽い人が多いって聞いたんだけど、なんでこんなに重いの?

ってくらい、ずーーっと熱。マジで熱。

保健所から連絡が来るって話なのに一生連絡来ないし、食料は尽きるし、熱は下がらないし、喉の痛みは出るし。俺のコロナは”当たり”だったのか…?

自宅療養サポートセンターに連絡し、食料品配送をお願いしました。電話でお願いしたのですが、人なのかAIなのか分からない抑揚のない感じの方が対応してくれました。クレーム入らないように気を遣ってるんだろうな、大変そう。

発熱3日目の夜、なんと、熱・喉の痛みに続いて味覚障害の症状が出ました。

何を食べても全部苦いと感じる…
ハチミツは甘い+苦い
カップヌードルはしょっぱい+苦い
のような感じ

幸いなことに、味覚障害は数日で治ったのですが、このときは「2週間くらい苦いのが続くのかな…」と悲しい気持ちでした。

発熱4日目

食料配布

熱は38.0℃くらいまで下がり、ついに食料が我が家に届きました!

食料配布

食料配布の中身

届ける前に電話が来るシステムで、電話に出たら起き配をするという形で配達されました。

食料配布はまさかの段ボール2箱分、想像以上の量でびっくり!

中身は上の写真の通りで、

  • パスタ
  • パスタのレトルトのソース(カルボナーラ・ミートソース)
  • レトルトのお米
  • 牛丼や中華丼のレトルト
  • ふりかけ
  • チキンラーメン
  • 米パン
  • ゼリー
  • ツナカン
  • 羊羹
  • ビスコ
  • プリッツ
  • 卵スープ
  • 大量の飲み物(2箱目の段ボールは大半が飲み物関連)

等が入ってました。マジで量が多い!

この恩は忘れるまで忘れません(泣)

自分で申し込まないと食料は届かないため、本当に辛くて大変な人は食料配布を申し込もう!!

前夜祭

この日はスプラトゥーン3の前夜祭(体験版)。

12時間遊ぶ気満々でしたが、あまりにも体調が悪く1時間でダウン(笑)

なぜ前夜祭までに治らなかったんだ…。

発熱5日目・6日目

熱は37.0℃~37.5℃くらいまで下がりました!

体調は良くもなく悪くもない程度で、眠れないけど起きるのもダルいくらいの調子。

あまりにも暇なので、Netflixで『ワンダー 君は太陽』『インセプション』を観たり、ワンピースを最初から読み直しエニエスロビーまで到達したりしました。

あと、プーさんのホームランダービーでクリストファーロビンを撃破したり…暇か(笑)

暇なのは良いことだけど、暇すぎるのは嫌。人間って贅沢だなぁ。

発熱7日目

2022年8月31日、やっと平熱に戻りました!ありがとう36.5℃。

味覚障害もいつの間にか治り、食べることが楽しい!

あ~、一週間まともに食事しなかったし、こりゃ絶対痩せたな。

めでたしめでたし

まとめ

コロナの熱は1週間続き、咳は2週間経っても治りませんでした。

症状の軽い人が多い中、やや重めの症状が出たことにビックリです。

学んだことは下記の通り。

コロナは馬鹿にできない

検査は自分で予約して行う

結局、保健所から連絡は来ない

食料配布してほしければ申し込む

何もかも全部自分でやる必要がある

当たり前ですが、改めて「自分のことは自分で何とかする」ことの大切さを学んだ気がします。

この記事を作成しているのは発熱13日目ですが、咳はまだ止まりません。

後遺症らしい後遺症は今のところ咳だけです。本当に良かった。

コロナで体調が悪いときは無理せず休んでね

 

かいしー先生の雑記

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!