高校物理

独学で高校物理を勉強することは難しいのか?

独学で高校物理を勉強することは難しいのか?

という質問に答えていきます。

独学で高校物理を勉強することは難しいのか?

学校で一通り授業を受けた後に独学をするのか,授業を全く受けていない状態で独学するのかによって違いますが,結論からいうと,物理を独学で勉強するのは結構難しいです。

できる人にはできますが,できない人にはできないのが現実だと思います。

これは教師としての経験論なのですが,数学が得意な人は物理の独学も可能ですね。

また,大学入試共通テストレベルでいいのか,MARCHの入試に対応できるレベルを目指すのか,上位国立大学の入試を解けるレベルを目指すのか…
何をゴールにするかによって独学できるかどうか異なります。

「独学で高校物理を勉強することは難しいのか?」という質問がとてもフワフワしているため,きちんとした解答をするのは難しいですね。

独学する方法

参考書や問題集を使う
・Youtube等で映像教材を見る
このサイトのように解説サイトを見る

独学に拘るのであれば,選択肢はこの3つのどれかでしょうね。

大半の人はこの3つ+学校の授業or塾で勉強をしているのではないでしょうか。

参考書や問題集を使う

一番良い独学の方法は,参考書や問題集を使って勉強することです。

独学でなかったとしても,参考書・問題集を使わずに物理の勉強をしている人は基本的にいません。

物理の授業を全く受けていない人は参考書を使って勉強するのが必須ですし,授業や参考書で勉強したことを問題集を使って確認する必要があります。

授業or参考書 で勉強する → 問題集を使って確認

誰しもが認める最高の勉強方法ですね。

自分に合った参考書と問題集を使いましょう。

物理オススメ参考書・問題集
物理オススメ参考書・問題集学校でもらった教科書・問題集だけで勉強できると思いますか? 教科書を読んで物理の内容を理解できますか? 正直,学校でもらった教科...

Youtube等で映像教材を見る

本当は学校や塾で誰かに教えてもらうのが一番分かりやすいと思うのですが,どうしても独学をしたい場合は,授業を受ける代わりにYoutube等で映像教材を見るのは選択肢としてありです。

今の時代,探せば動画なんていくらでもあります。個人で解説動画を載せている人もいれば,企業が動画をアップロードしている場合もあります。

Try Itスタディサプリに登録して動画を観るのもありです。便利な世の中になりましたね。

しかし,動画だけでは問題演習が不足するので,理解できたと思ったら問題集を使って問題を解きましょう。

解説サイトを見る

解説サイトを使って勉強するのも独学の選択肢の一つです。

解説サイトは無料でいつでも見れる点が利点ですが,個人が書いているものなので参考書には劣る印象です。

ただ,家でも電車でもいつでも見ることができるので,ちょっとした時間にスマホを使って勉強できるのが良いですね。

集中して勉強するときは参考書と問題集,ちょっとした時間に勉強したいときは解説サイトと使い分ければ良いと思います。

また,参考書を買うまでの繋ぎとしても良いかもしれませんね。

高校物理・物理基礎 解説高校物理・物理基礎をわかりやすく簡単に解説をしていきます。「初めて物理を勉強する」「問題集が難しすぎて簡単な説明を読みたい」「定期テスト対策として勉強したい」「物理の復習をしたい」人にオススメできる内容です。 にオススメです!...

ぜひ参考にしてください。

物理の独学は可能か?具体的な質問

具体的にいただいた質問を基に,色々なパターンをみていきましょう。

①選択科目を間違ってしまった人

「高校2年生です。選択科目で生物を選んでしまい物理を選ばなかったのですが,やっぱり物理を受験で使いたいと考えています。これから物理を独学することは可能でしょうか?物理基礎は授業で勉強しました!」

本人の努力次第です。

「それ本当に物理を受験で使うの?」と思ってしまうので,まずは受験科目の最終決定から始めるべきです。

授業を受けていない状態での独学は結構厳しいので,まずは映像教材を使って勉強するのはどうでしょうか?

映像教材→参考書→問題集と独学で勧めることをオススメします。

映像教材が肌に合わない,そこそこ勉強ができる方なのであれば,最初から何かしらの参考書を買って独学する方が良いです。

②先に勉強したい人

「高校1年生です。私の学校では物理基礎は2年生,物理は3年生に授業があります。高校3年生から物理を勉強しても絶対間に合わないと思うので先に勉強したいのですが,どうしたらよいでしょうか。」

先に勉強してください。

高校一年生なら時間は十分あるので,①と同様,映像教材→参考書→問題集と勉強してはどうでしょうか?

もちろん,映像教材ではなく参考書から勉強を始めても良いです。そのときは,初学者向けの参考書を買いましょう。

人に教えてもらうのが一番早い

勉強は自分でやるよりも人に教えてもらうのが一番早いです。

極端な話ですが,物理教師である自分が生徒と1対1の付きっきりでプライベートも全て使って勉強を教えれば,物理基礎から物理の最後まで1, 2か月で教えられると思います。

分からない部分があれば自分で考えるより人に教えてもらう方が簡単ですし,適切な指導者の有無は成長に大きく関わってきます。

「人に頼ってばかりだと自分で問題を解決できる能力が成長しない」という意見もあると思いますが,物理ができない人よりも物理ができる人の方が頭が良いので,分からないまま止まっているならば誰かに聞いて前に進むべきです。

例えば,上の画像のリンクようなオンライン個別指導を使うのはどうでしょうか?

勉強という面だけを見るのであれば,集団塾よりも家庭教師や個別指導の塾の方が絶対が効率良いです。

無料体験もできるようなので,勇気を出して一歩前に進むのも良いかもしれません。

 

物理を独学で勉強するのは難しいです。

数学が得意な人であれば可能かもしれませんが,基本的に独学は難しいと考えて良いでしょう。

それでも物理を勉強したい場合は,参考書や映像教材を使うか,いっそのこと個別指導を受けるかをするべきでしょう。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。