考え方

人間はなぜ騙されるのか? 人を必ず騙す方法とは

人間はなぜ騙されるのでしょうか?

この記事を通して,あなたを必ず騙してみせます。

あなたは騙されますか?(練習)

まずは小手調べをしましょう。

頭の中で1~5の中から数字を1つ選んでください。1や2のような整数にしてくださいね。1.5とかはダメです。

次に以下の作業をしてください。

①選んだ数字を2倍してください

②その数に10を足してください

③そのを2で割ってください

④その数から,最初に選んだ数を引いてください

計算できましたか??
きちんと計算してくれた方がこの記事全体で使っているトリックに掛かりやすくなるため,計算をしてくれると嬉しいです。

計算は終わりましたか?













さて,あなたが計算した結果は「5」ですね?


どうして分かったのかというと,それは「あなたの選ぶ数字が私には分かっていたからです」

……と言って信じますか?

……信じるわけないですよね,流石にこんなことで騙されることはないと思います。

ほとんどの人が「いや,計算させられたしそこにトリックがあるのでは?」と思ったのではないでしょうか。はい,その通りです。

先程の①~④の計算をするとどんな数字でも答えが5になるようになっています。単純な数理トリックですね。 

人はなぜ騙されるのか?

人は色々なところで騙されています。

悪い意味で騙される例といえば真っ先に思い浮かぶのは色々な種類の詐欺です。

ただ,詐欺は認知度がかなり高まってきたので騙される人が少なくなってきていると思います。一応,詐欺の認知件数は減っているというデータはあります。

あと有名なところではリボ払い,保険,銀行や証券会社で売っている投資信託,不動産,個人年金あたりでしょうか?
もちろん騙されていないパターンもあると思いますが……

リボ払いをしている知り合いは一人もいませんが変な投資信託を買っていた人と学資保険に入っている人(しかも途中解約している!ありえない!)を見たことはあります。若い人でも騙されるんだと改めて気を付けようと思いました。

このような場合,人が騙される理由は単純な知識不足や経験不足,騙す側の巧妙なテクニックであると考えられます。

 

騙すというと悪い意味に聞こえてしまいますが良い意味で騙されていることもあります。

親しい人が亡くなったときはお通夜をして葬式をあげます。8月にはお盆があり,キュウリやナスを用意して祖先の魂が帰ってくるのを待ちます。
葬式をあげても死者には何もありませんしお盆は旧暦から約30日ズレましたが先祖の魂が新暦に合わせて30日遅れで来るわけありません。(そもそも魂だなんて信じていませんが)

お通夜も葬式もお盆も,生きている私たちの心を騙すために行っているものであると私は考えています。
自分たちの心の整理のために必要なものであり,お盆に帰ってくると信じることで自分たちの心を慰めているのです。

「ある人が殺人をしました,この人は神を信じていたと思いますか?」

という問に対してこの人は神を信じていただろうと答える人よりもこの人は神を信じていなかっただろうと答える人の方が多いです。
これは「神を信じているならば殺人をするわけないからだ」と考えている人が一定数いるからと考えられます。
宗教というものは良い意味で人の心を騙す力があるということではないでしょうか。

つまり,自分を保ち心の整理をするために人は騙されることを望む場合があるということなのです。

あなたは騙されますか?(本番)

色々と話をしましたが「いやいや!自分は騙されないから!トリックがあっても考えれば見破ることができますから!」と思う人がいるかもしれません。

そういう人のために今から本気で騙しにいこうと思います。このトリックは絶対に見破れません。

では,この画像をよーく見てください。

人間は必ず騙される

よく見ましたか?

そうしましたら,先ほどと同様に頭の中で1~5の中から数字を1つ選んでください。
ただ,1や2のような整数にしてくださいね。1.5とかはダメです。

先ほどとは違い,今回は特に何も計算はしません。

「これだけで数字が分かるなんてありえない!」と思ってますよね?
というか,「これを書いている時点で,今私が考えていることが分かるわけない」と思ってますよね?









数字は決めましたか?何も選んでいないとかは無しですよ?




















心の準備は大丈夫ですか??




























あなたの選んだ数字は「4」ですね??




皆んさんびっくりしているのではないでしょうか。
もしくは,戸惑っているかもしれません。

さて,私はどうしてあなたの選んだ数字が分かったのでしょうか??



その理由は簡単です。
私があなたの選んだ数字を当てたのはただの偶然だからです。



そうです。あの写真には何一つトリックなどありません。そういうふうに見せただけです。


「4」以外を選んだ人は困惑したことでしょう。「この人は何を言っているんだ?」と思ったはずです。


しかし,たまたま「4」を選んだ人の気持ちを考えてみてください。

「写真に何かトリックがあるはずだ、私は何に引っかかったのか?」と考えてしまったが最後,何も仕掛けのない写真のトリックを暴こうとしてしまいます。

「何か自分の知らない法則があるのではないか?」と騙されてしまうわけです。

今回は「4」を選んだ20%の人だけを「何かトリックがあるのでは?」と騙すことができれば成功でした。

つまり,必ず騙しますということ自体が嘘,写真に何かトリックと思わせることが目的だったのです。

人を騙すとき,全員を騙す必要はありません。
正しい知識や経験を持っている人は保険やリボ払いに引っかからないと思いますし,今回「4」以外を選んだ人は私には騙されないでしょう。

たまたま「4」を選んだ人はどうでしょうか?
もしタネ明かしを書いておらず

「どうして数字を当てることができたのかを知りたい人は、Twitter@lunasa_netまでDMを送ってください」と書いてあったら?

1000人の人がこの記事を見てくれたとすると200人は偶然にも数字が当たります。
数字が外れた800人には興味ありません。
200人の内の数人にターゲットを絞り込み、連絡してくれた人にそれっぽい理論を売ればお金になってしまいます。1人1万円で売るとしたら、数万円は稼げるでしょう。

わざわざ全員を騙す必要はないということです。

友人に対して「昨日ラーメン食べたでしょ」と言ってみたとします。

 

外れた場合は「違ったか〜」で軽く流して記憶にも残りませんが,偶然にも当たった場合は「なんで知ってるの?!」と相手の心を揺さぶることができます。
「君の弟さんがそうツイートしてたよ」
とか言えば簡単に人を騙せます。
友人はラーメンを食べていた事実を私が知っていると信じているのですから。

騙されないように気をつけよう!と言うつもりはありません。
私だって何かに騙されて生きています。
ただ,こういう考え方があるということを伝えたいだけです。

引っかかるとかあり得ないだろ〜と思うリボ払いの広告も,0.001%の人に効果があれば十分なお金稼ぎになってしまうのです。

人を必ず騙す方法まとめ

・種も仕掛けもなく,その人の考えていることを当てる
・それを何度か繰り返す
・考えていることが分かったと言う

これが人を必ず騙す方法です。

成功率はかなり低いですが,多くの人に行うことにより,100人のうち1人でも成功したら,その人は完璧に騙すことができます。

悪用しちゃダメですよ。

 

ちなみに,トリックが仕込んであると見せかけた写真は,ドイツのベルリンにある有名な門の写真です。とても素敵な写真ですね。一度は見てみたいものです。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。