顔の半分だけ日焼けした人がいる? 日焼けの影響と日焼け止めの効果

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

日焼けは身体に良い?悪い?

昔は「ある程度の日焼けは身体に良い」と考えられていましたが最近では「日焼けは百害あって一利なし」という考え方が主流になってきていますよね。(太陽光からビタミンDを手に入れることはできますが…)

今回は
日焼けは身体にどのような影響を与えるのか?
日焼けはなぜ起こるのか?
どんな日焼け止めを使えばいいのか?


等について解説していきたいと思います。


顔の半分だけ日焼けした人がいる?

まずはこの写真を見てください。

 


この方はbill mcelligott (ビル・マッエリゴット)というアメリカでトラックの運転手をしていた人です。写真を見れば分かりますが顔の右半分と左半分で肌の様子が異なります。


この方は28年もの間米国でトラックの運転をしていたため顔の左半分に太陽の光を受け続け肌が変化してしまいました。

日焼けの脅威を示すには十分すぎる写真ですね。



日焼けについて細かく知らなくても日焼け対策をしないと将来肌がこんなにも変わるんだ!という意識が付けば日常生活を送る分には十分だと思います。

太陽による肌の影響は具体的にどのようなものがあるのでしょうか?



 

日焼けの影響

日焼けにはサンバーンとサンタンという2つの現象が存在しています。

サンバーンとは,日焼け後(数時間後~数日間)肌が赤くなる現象

サンタンとは,日焼け後(数日後~数か月間)肌が黒くなる現象


です。

皆さんは日焼けといえばサンバーンとサンタンのどちらを想像しますか?

海に行った日や体育祭の日に肌が赤くなっている人を見たことはあります。
そういう日にも日焼け対策は欠かせない存在ですが, 日焼け対策をしている方はサンタン対策として肌が黒くなることを避けたいと考えている方が多いのではないでしょうか。


肌の色が変わること以外にも上の写真のようにしみやしわの原因であると判明しています。


「日焼け対策は若さの貯金!」と考え,しみやしわを防ぐことを目的とするべきでしょう。

また,皮膚がんのリスクが高まることも知られています。



色々な影響がありますが,なぜ日焼けが起こるのでしょうか? 


日焼けはなぜ起こるのか?

日焼けの原因は紫外線です。あまりにも有名ですね。

紫外線は英語でultra-violetと言うので,紫外線のことをUVと表記することが多いです。

物理基礎の知識がないと理解することが難しいのですが,

UVは更にUVA、UVB、UVCの3種類に分けることができ,UVAは波長が320~400nm,UVBは波長が280~320nm、UVCは波長が100~280nmの紫外線と分類されています。

光の強度(振幅・明るさ)とは別に,振動数の高い(波長の短い)光の方が光子1つあたりのエネルギーが大きいと考えられるのでUVAよりもUVCの方が高エネルギーです。


UVCはオゾン層によって全て吸収されているためオゾン層がある限り地上には降り注ぎません。非常に強力な殺人光線なので,もし地上に降り注いだら大変です。


UVBはほとんどがオゾン層によって吸収されますが一部が地上に降り注ぎます。生物のDNAの吸収スペクトルは250nm近辺であるためUVBは皮膚や眼に非常に有害であり,日焼けを起こしたり皮膚がんの原因になります。有害紫外線と呼ばれています。

UVAはオゾン層で吸収されないためほとんどが地上に降り注ぎます。UVBやUVCほど危険ではありませんが長時間浴び続けると健康に影響を与えます。


UVBの説明にも書きましたが,生物のDNAの吸収スペクトルは250nm辺りであるため,紫外線以外の可視光や赤外線,電磁波を肌に当てても日焼けは起こりません。
納得ですよね。


どんな日焼け対策をすればいいのか?

最も有効な日焼け対策の1つは日焼け止めを使うことです。私はもちろん日焼け止めを使っています。

日焼け止めにはPAとSPFという2つの指標があります。

PAはUVAをどれくらい防ぐかを表しており,「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4種類存在し,+が多いほどUVAを防ぎます。

SPFはUVBをどれくらいの時間防いでくれるかを表しており,SPF1~SPF50,SPF50+が存在しています。数値の大きさUVBを防ぐ時間の長さを表しています。


よく勘違いされていると思うのですが,SPFはUVBを防ぐ強さではなくUVBを防ぐ時間の長さを表しています。

じゃあ「PA++++」「SPF50+」を使えばいいじゃん!


と思うかもしれませんが,数値が高いほど肌への負担が高まったりそもそも正しい量の日焼け止めを塗っていなかったりするため,そう単純な話ではありません。


「どれくらいの時間防ぎたいのか?」「スポーツなどで汗を流すのか?」「化粧と併用したいのか?」等,自分の使いたい用途にあった日焼け止めを使えばいいと思います。


ちなみに,UVCは地上に降り注がないので対策をする必要はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました